検索
  • komekome231

インドひとり旅(2)

 1994年からアジア各国の鉄道を巡る旅をはじめて25年。2009年まではフィルムカメラで撮影してきたが、これをデジタルカメラに持ちかえ、以前訪ねた国々へ再訪を行っているところ。

 今回は長年行きたいと思っていた、南インドのパンバン橋(Pamban Bridge)での撮影が最初に浮かんだ目的地。それに付け加えて、巨大な滝の直下を列車が走るシーンをネットで見つけた。グーグルマップで場所を探すと、1960年代に「ヒッピーの聖地」とよばれたゴアから内陸に入った場所にそのロケーションがある。そうやって調べてゆくうち、さらにテーブルマウンテンを背景に、広大な風景のなかを列車が走るシーンを発見。その場所はムンバイに近い。  それらを結ぶルートを調べ、列車を乗り継いで訪ねることにした。

 インドまでの空路はエアアジアを利用することにした。料金が安いのはもちろん、インドの地方都市へ就航している。同社が就航する路線のなかでは、ティルチラパリ空港が、パンバン橋のあるラメシュワラムに最も近かった。帰りはムンバイから出国する事にした。


 インド鉄道の時刻表は「INDIAN RAILWAYS PASSENGER RESERVATION ENQUIRY」のサイトで調べられる。

 http://www.indianrail.gov.in/enquiry/TBIS/TrainBetweenImportantStations.jsp

 乗車駅、下車駅を入力すると、「50+50=?」などの簡単な計算を要求される。ロボット対策なのだろうが、いかにも数学の国インドらしい。何だか算数のテストを受けているようだ。(何度か間違えて苦笑…)

 その時刻表によれば、ティルチラパリを23時に出て明朝ラメシュワラムに到着する列車がある。列車番号22661列車、列車名は「チェンナイ・ラメシュワラム・エクスプレス」とある。エアアジアの便からも余裕で乗り継ぐことが可能だ。ティルチラパリで一泊してみたかったが、先を急ぎ、この列車のお世話になることに決めた。


0日目(1/18)

羽田23:45(D7 523)→機中泊

1日目(1/19)

(D7 523)→6:35クアラルンプール15:00(AK27)→16:15ティルチラパリ23:00(22661)→車中泊


49回の閲覧

©Koji Yoneya ; All Rights Reserved.